全国13地区の華やかな里帰り牡丹と宝塚の牡丹が訪れるものを魅了します

緑に着色してある場所にて、全国13地区ゆかりの牡丹を栽培しています。

13地区の詳細は以下に。


13地区の牡丹園について

①洞爺花楽園(とうやからくえん):北海道 虻田市 洞爺村
千葉県茂原氏の茂原牡丹園の分園にあたり、洞爺湖の近くにある牡丹園。

北海道の厳しい環境にも負けない牡丹は一見の価値あり。

②函館五稜郭公園:北海道 函館市
外周2.2km、25.2haの敷地に四季を通じて花々が乱れ、市民に親しまれる公園として全国でも有名。

宝塚市とゆかりのある須賀川市から送られてきた牡丹が植栽されている。

③長谷(はせ)ぼたん園:青森県 三戸郡 南部町
奈良県桜井市の長谷寺からボタンを譲り受けたのがきっかけとなり

3.3haの敷地に130種、8,000株の牡丹が咲き乱れる。
https://ja-jp.facebook.com/hasebotanen/

④花と泉の公園:岩手県 西磐井郡 花泉町
306種、5,000株の牡丹園、3,000株の見本庭園のほか、

シャクヤク、アイリスや100種4,000鉢の「ベゴニア館」が圧巻。
https://hanatoizumi.com/

⑤須賀川牡丹園:福島県 須賀川市
明和3年(西暦1766年)宝塚市より薬用として牡丹が送られ、

栽培されたのが始まりで、現在290種7,000株の牡丹園として年間15万人以上の入場者で賑わう。
http://www.botan.or.jp/

⑥歌舞伎文化公園山梨県 西八代郡 三珠町
市川團十郎発祥の地で、ゆかりのある牡丹をテーマに平成6年4月にオープン。

約4,000株の牡丹が咲く公園は素晴らしいの一言。
http://www.town.ichikawamisato.yamanashi.jp/50sightsee/50guide/kabukibunkakouen.html

⑦つくばぼたん園茨城県 つくば市(旧・茎崎町)
約50,000㎡の敷地に380種6,000株のボタンをはじめ、

170種5,000株のシャクヤクなど、98,000本もの花々が咲く関東一の牡丹園。
https://jp.peonygardentokyo.com/

⑧五泉市ぼたん百種展示園新潟県 五泉市
牡丹苗の生産を年間26万株も行う大生産地。

約6,000株が咲く牡丹園で、開園時期は8万人以上の観光客で賑わう。
https://www.city.gosen.lg.jp/childcare_education/7/2112.html

⑨長谷寺(はせでら):奈良県 桜井市
真言宗豊山派総本山長谷寺。

牡丹約7,000株花の寺としても有名で、四季を通じて多くの人が訪れる。
http://www.hasedera.or.jp/

⑩當麻寺奥院奈良県 北葛城郡 當麻町
牡丹寺としても有名で、2,000株の牡丹を素晴らしい庭園から眺められる。
http://www.taimadera.or.jp/

⑪永沢寺(ようたくじ):兵庫県 三田市
当初、花しょうぶ園から発展し、現在はぼたん園とそば道場も有名。

2,000株の牡丹は品質、色ともに天下一品揃い。
http://www.shobu.co.jp/botan/news/index-b.html

⑫島根県大根島島根県 八束市 大根島
島全体で牡丹二百数十種、年間180万本を生産する日本最大の生産地。

300年近く前に、宝塚市より牡丹の苗が送られたとの地元の言い伝えがある。
http://kankou-daikonshima.jp/

⑬ぼたんと緑の丘佐賀県 東松浦郡 肥前町
面積8.7ha、牡丹1.9種5,000株、平成7年4月開園。特徴として、日本最古の切子牡丹(樹齢約400年)がある。
https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=167